供養の意味。ルーツから分かった大切なこと

皆さん、こんにちは。今回は供養の意味について説明します。

昨今、永代供養など様々な場において供養という言葉が用いられます。

しかし、供養の言葉の意味について、どれだけ理解しているか問われると言葉に詰まる方も多いのではないでしょうか。

そこで、供養の言葉のルーツから供養の本来の意味と欠かすことのできない大切なことについてお話しします。

供養の語源とは

供養と言えば、多くの方が僧侶による“読経”や“お供えもの”を捧げることを連想されると思います。

もちろん正しいことなのですが、供養にはそれだけでなく、心構えが大切になってきます。

供養は敬意が大事

供養という言葉は古代インド語の一種であるパーリ語では“ pūjā (プージャー) ”といいます。

パーリ語で書かれた仏典を読むと、盛んに登場する言葉で、信者の方が花や食事などをお釈迦様や僧侶に差し上げる際には必ず用いられます。

ただ、よく仏典を読んでいくと、 pūjā (プージャー) と同じような使われ方をしている言葉に出くわします。

それは、“与える”や“寄付”を意味する“dāna (ダーナ)”という言葉です。両者は非常によく似た言葉なのですが、決定的に異なる点があります。

それは、pūjā (プージャー)には尊敬の意味が込められている点です。

供養の言葉を辞書でひく

供養という言葉を辞書でひくと、上記を裏付けるように、以下のように記されます。

原語は、敬意をもって、ねんごろにもてなすこと。

特に神々、祖霊や動植物の霊、さらには尊敬すべき人などに対して、供犠や供物を捧げること、

またそれによって敬意を表すことを意味する。

仏教では仏・法・僧の三宝(さんぽう)や父母・師長・亡者などに香華(こうげ)・灯明(とうみょう)・飲食(おんじき)・資材などの物を捧げることをいう

※以下省略

岩波仏教辞典第二版

供養はおもてなし

供養の習慣は、仏教以前よりあったバラモン教の習慣を取り入れたものになり、元々は賓客に対するおもてなしの習慣に端を発すると考えられます。

仏典にも仏教信者がお釈迦様を家に招いて食事を供養するという場面がいくつも登場し、今日でも「お斎(おとき)」の名で知られる法事後の会食は僧侶に対して食事を供養する習慣を元にします。

供養の意味についてのまとめ

今日の日本では供養の言葉は、専ら亡くなった人に対するものとして用いられていますが、忘れてはならないことが一つあります。

それは供物や読経を捧げることは決して形式的なものだけに留まらず、相手への尊敬の意を表している実に真摯な態度だということです。

そのことさえ、忘れなければ、原意に沿った善い供養が営まれるように思います。