仏伝

『仏伝』とは何か

お釈迦様の生涯は『仏伝(ぶつでん)』と呼ばれる読み物にまとめられています。

しかし、それは一本だけでなく、時代を経て何度も制作され(手塚治虫の漫画『ブッダ』もその一つといえます)、それぞれの仏伝を読むと大まかな筋は同じですが、必ずしも記述が一致しているわけではありません。

あちらではこう言っているのに、こちらではこう言っている、というような齟齬も頻繁に生じています。

これだけ聞くと、仏伝とはいい加減なもので読む価値のないものなのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

それぞれの仏伝には制作当時の時代背景や作者の意図、仏教理解が反映されており、とても魅力あるものです。そして、何よりも仏伝を読めば、仏教という教えが分かるように作られています。

今回はその中でも『ジャータカ』というお経に収録される『ニダーナカタ―』という代表的な仏伝を住職が読み解く形でお話しいたします。

出来る限り、客観的に記したいと思いますが、住職の仏教観や仏教理解が少なからず反映されたものになります。その点についてはご了承ください。

王子の受胎

お釈迦様のお父さんの名はスッドーダナと伝わり、釈迦族を率いる王でした。

お父さんの名前は漢訳では“浄飯王”と表記されますが、その名の通り、釈迦族の土地では稲作が行われていたようです。

また、スッドーダナ王の妃はマーヤー王妃といい、お釈迦様のお母さんです。

お釈迦様のお母さんの見た夢

お釈迦様のお母さんがお釈迦さまを授かったときから話をはじめましょう。

あるとき、釈迦族のスッドーダナ王の后であるマーヤー王妃は夢の中で高貴な象が自らの右脇から胎内に入る夢を見ました。

目覚めた王妃はその事をスッドーダナ王に告げます。

インドにおいて夢に象が現れるのは吉兆であり、“右脇”というのはインドの王族は原人プルシャの腕から生まれたという伝承になぞらえているものと思われます。

二つの予言

その夢を聞いたスッドーダナ王は王妃の夢が何を意味するのか宮殿に出入りしていた僧侶(仏教ではない)に尋ねたところ、「王妃の胎内にお子が宿ったのです。それはきっと男の子で、在俗の生活を送れば転輪聖王となり、出家すればブッダとなるでしょう。」と予言されます。

未だ子のなかった二人にとって大変喜ばしい知らせでしたが、お釈迦様の未来に対する二つの予言にスッドーダナ王は手放しで喜べなかったことでしょう。

“転輪聖王”とは古代インドにおける理想的な王のことで、王族とはいえども当時の大国の一つであったコーサラの属国に過ぎなかった釈迦族の跡継ぎが転輪聖王になるとはスッドーダナ王からするとこれ以上ないものですが、出家ということとなれば、王位を捨てることになるので何としても避けねばなりません。

出産

臨月となり、王妃は大勢の従者をつれて実家に帰省することにします。

その最中にルンビニーという土地で陣痛を起こし、サーラ樹の枝に掴まりながら立ったままで出産しました。

生まれてきたお釈迦様の周りには梵天というヒンドゥー教の源流であるバラモン教の神が控えていましたが、お釈迦様は周囲を見渡して、北に七歩歩まれ、「私は世界の第一人者である。これは最後の生存である。いまや再び生存に入る事はない。」と宣言されます。

この言葉は後に「天上天下唯我独尊~」と漢訳され、生まれたばかりの赤ん坊が話す大変有名なシーンであり、様々に解されてきました。

天上天下唯我独尊の意味

実は今回ご紹介している『ニダーナカタ―』より古い仏伝となる『マハーヴァッガ』には生まれたばかりのお釈迦様が梵天らを前にして述べるのではなく、大人のお釈迦様が悟った直後に出会ったウパカという宗教者に対して、この言葉を述べられています。

このウパカはアージーヴィカ教という仏教と同時代に生まれたライバル宗教を信仰していたのですが、おそらく、元々、この発言はアージーヴィカ教に対して仏教の優位性を主張することを意図されたものであったと見られます。

それがこの『ニダーナカタ―』に至ると、優位性を主張する相手がアージーヴィカ教よりも巨大で当時の主流であったバラモン教の最高神“梵天”に変更されているのです。

アージーヴィカ教徒のウパカに与えられていた仏教を引き立たせる役目が梵天に移譲されたと見ることができます。

転機

お母さんのマーヤー王妃はお釈迦様を産んで七日後に亡くなってしまいましたが、お母さんの姉妹であったパジャパティーが養母として愛情を注いでくれ、お釈迦様は何一つ不自由なく育ちました。

不自由のない暮らし

スッドーダナ王はお釈迦様に自身の跡を継いで王となることを望んでいましたので、生まれたときになされた予言の一つである出家者となることは是が非でも避けたいと考えていました。

そのために俗世で考え得る幸せはすべてお釈迦様に享受させました。

三つの宮殿を建てて、季節に応じて移り住まわせ、身の回りには若く美しい女性しか置かず、食事も美食しか与えませんでした。

四門出遊

ある日のこと、お釈迦様は園遊地に出掛けようと思い、御者とともに出掛けました。

その途中において、生まれて初めて老人を目にして、お釈迦様は何も悪い事をしていないのに自身もやがては老いることを知り、塞ぎこみました。

あくる日は病人、また、あくる日は死人を目にして、ますます塞ぎこむようになりました。

そんな中、また園遊地に出掛けると、出家者を見て、その佇まいに感銘を受けます。そして、出家へと心が傾きます。

この老人らに出会う逸話は、【四門出遊(しもんしゅつゆう)】といって仏教内では大変有名なものです。

ここでは、誰しもに訪れる“老・病・死”という苦を対治するという仏教のテーマが表されています。

出家

出家に心惹かれたお釈迦様でしたが、王子という立場ゆえでしょうか、すぐには出家しませんでした。結婚をし子供も生まれます。

出家への障害

生れてきた子供には“ラーフラ”と名付けます。

当時のインドでは、日蝕や月蝕は星を食べる悪魔(ラーフ)の仕業と考えられており、その意味だと考えられています。

何故にそのような名を付けたかは諸説ありますが、可愛い息子が生まれたことで出家への気持ちが鈍り、障げとなるからと伝統的に解されることが多いです。

実際にラーフラに対して愛情を示すシーンが描写されます。

宮殿を抜け出して出家をはたす

お釈迦様29歳のとき、ついに宮殿から抜け出して出家をはたします。

当時はまだお寺などの建物はなく、森のようなところで修行するのが通例であったようです。

そこで、初めての托鉢で得た食事を口にしましたが、あまりの不味さに吐き出しそうになるのも必死に堪えて飲み込みました。

それまで美味しい食事しか摂ってこなかっただけに落差は相当なものであったでしょう。

お釈迦様の失敗

森では、アーラーラ・カーラーマ、ウッダカ・ラーマプッタという修行者の下でそれぞれ瞑想を教わります。

瞑想には精神集中の度合いに応じて八つのレベルがあり、お釈迦様は彼らの下でそれを極めましたが悟りには至らずに彼らの下を去りました。

精神集中を高めても悟りには至らないというのは大事な部分だと思います。

その後、お釈迦様は五人の仲間と共に苦行に励まれました。

断食をしたり、息を止めて気絶するなど過酷なものでしたが、悟りには至れず、六年の末に苦行を放棄しました。

これは明らかにお釈迦様の失敗譚なのですが、普通に考えれば、開祖の伝記には失敗譚は載せません。

奇跡を起こしたりなど成功譚ばかりを載せるはずです。

それでも失敗譚が載ったのは「苦行では悟れない」ということを明確にするためでありましょう。

悟りに至る

苦行を放棄したお釈迦様は食物を摂られ、スジャータ―という名の娘が布施してくれた山羊のミルクで作ったお粥を食べて、健康を取り戻します。

成道

五人の仲間たちはお釈迦様が「堕落した」と思い、去っていきました。

健康になったお釈迦様は菩提樹の下で坐を組まれ、「悟りに至るまでは組んだ両足を解くまい。」という強い決意を持って瞑想されます。

そして、どのようにして苦しみが生じ、滅するのかを観察して、ついにお釈迦様は悟りに至り、ブッダとなられました。

悟りの中身

「悟り」の言葉は広く人口に膾炙していますが、具体的にお釈迦様が何を悟ったのかについては実はいくつかの伝承があります。

・「十二支縁起」説

苦しみが生じる原因を観察すると十二個の要因が連鎖しており、その大元を断てば苦しみが滅するというものです。

スリランカやミャンマーなどの南方仏教国では広く承認されている説になります

・「三明」説

三種の神通力のことで、それぞれ「宿命明」、「天眼明」、「漏尽明」といいます。

 宿命明は自己と他人の生れる以前の過去世の状態を知る智慧の働きで、 天眼明は自己や他人の未来世の状態を知る智慧の働きで、 漏尽明は煩悩を断じて真理を明らかに知る智慧の働きです

この他にも説がありますが、いずれにしても「煩悩を断じた」という共通点があります。

教えを説く事への躊躇い

悟りに至ったお釈迦様はしばらくの間、その余韻に浸っていました。

そのうち、「自分の得た教えは煩悩を滅するというものであり、世の流れに逆らうものである。人々は欲望を満たすことに喜びを感じており、そのような人々に私の教えは理解できないだろう。理解できないのに説いても徒労に終わるだけだ。」というように教えを説くことを躊躇しました。

梵天勧請

そのことを知った梵天はお釈迦様に教えを説き広めるように懇願します。

初めは難色を示されたお釈迦様でしたが、梵天の説得の末、世間にも自分の教えを理解できる者がいることを知り、布教することを宣言します。

お釈迦様は自身の教えの性質をよく理解されていたのだと思いますが、世の中は“煩悩”によって成り立っています。

例えば、社会経済であっても煩悩なくして回る事はありませんし、子供だって煩悩無くして生まれません。

だからこそ、自身の煩悩を滅する教えを“世の流れに逆らう”と表現されています。これは見逃せない部分です。

また、ここでもバラモン教の最高神である梵天がお釈迦様に頭を下げるという形で仏教の優位性がアピールされます。

初めての説法

布教を決心したお釈迦様は最初に誰に説くことが最適か思案して、かつて自身に瞑想の手ほどきをしてくれたアーラーラ・カーラーマ、ウッダカ・ラーマプッタの顔が頭に浮かびましたが、両者とも既に亡くなっていました。

そこで、共に苦行に励んだかつての五人の仲間に説くことを思いつき、彼らが居住していたバラナシに向かいます。

五人の仲間との再会

遠くにお釈迦様の姿を確認したかつての五人の仲間はお釈迦様に対して、「王族の出身であるから座席だけは用意してやるが、立ち上がって迎えたり、挨拶を交わしたりなどの客人に対する礼儀は用いないようにしよう」と申し合わせました。

しかし、お釈迦様がその威容を目の当たりにして、みな申し合わせを忘れて、客人に対する礼儀を尽くして出迎えてしまいました。

初めての説法、初転法輪

お釈迦様は時間をかけて彼らに教えを説き、そのうちに一人、二人と悟りに至り、やがて五人すべてが悟りに至りました。

そのときに説かれた教えは車輪を転がすように教えを広げたという意である『転法輪経』というお経にまとめられています。

『転法輪経』の大まかな内容

・四諦 この世は苦であり、その苦は煩悩を原因とし、煩悩は滅することができ、それには方法があるという教え

・八正道 煩悩を滅する方法が説かれたもの

彼らはみなお釈迦様の弟子となり、お釈迦様をあわせて六人で仏教史上はじめての教団が誕生します。

この教団組織を“サンガ”といいます。当時のインドには部族合議制の国家があり、商人たちの組合が作られ、サンガと呼ばれていましたので、それらを参考にされたのでしょう。

サンガの拡大

サンガの成立後、資産家の息子であったヤサやその友人らを信者とし、当時有名な宗教家であったカッサパ三兄弟とその弟子をサンガに迎え入れるなどして、あっという間に大所帯となりました。

サーリプッタ、モッガラーナの加入

そうした中、ラージャガハという都の近くを最初にお釈迦様の弟子となった五人の一人であるアッサジが歩いているのを見かけて興味を持った二人の宗教者がいました。

彼らはアッサジからお釈迦様の教え「諸々の事物は原因より生じる…」という詩を聞いて、たちまち悟りの階梯を上り、お釈迦様の弟子になりました。

この二人の修行者は“サーリプッタ”と“モッガラーナ”といい、やがてお釈迦様の高弟となり、サンガを支えます。

故郷への凱旋

ある時、お釈迦様のお父さんであるスッドーダナ王は自分の息子が悟りに至り、ブッダとなったことを知ります。

ひと目、我が子に会いたいと思い、我が意を伝えるべく家臣を向かわせます。難航の末、願いが叶い、お釈迦様が故郷カピラヴァットゥに二万人の弟子を連れてやってきました。

お釈迦様は釈迦族の一同に説法し、喜ばせますが、誰も食事の供養を申し出る者がいませんでした。

そのため、町中を托鉢して周ることにしました。

王族が食を乞い歩くなど見っともないと思ったスッドーダナ王は苦言を呈しますが、お釈迦様は自らが王族ではなく、ブッダの伝統に根ざしているいうことを主張して、詩を唱えます。

それを聞いたスッドーダナ王は悟りの入り口に入りました。

釈迦族の若者を出家させる

しばらくの間、お釈迦様はカピラヴァットゥに滞在されましたが、その間、多くの釈迦族の若者を出家させました。

その中には実子であるラーフラ王子もおり、その事に関してはさすがのスッドーダナ王も「今後は両親の許しのない者を勝手に出家させないでほしい。」と苦情を申し入れ、お釈迦様もその願いを聞き入れました。

“祇園”の由来

その後、アナータピンディカ(漢訳名:給孤独長者)により、ジェータ太子(漢訳名:祇陀太子)の土地に僧院が建立され、サンガに寄付されました。

そのことから僧院は“祇樹給孤独園精舎”と名付けられ、通称“祇園精舎”と呼ばれます。これが日本各地にある祇園の地名の由来です。

以上が『ニダーナカタ―』に記されるお話です。

お釈迦様は八十歳でお亡くなりになれますが、その最期の旅の様子は『マハーパリニッパーナ経』に記され、岩波文庫より『ブッダ最後の旅』(中村元訳)として翻訳されていますので、ご興味のある方は手に取られて下さい。

【参考:ジャータカ全集1(藤田宏達訳・中村元監修)、ごまかさない仏教(佐々木閑・宮崎哲弥)】