お彼岸のはじまりは意外なものだった?由来と意味を僧侶が解説

東大寺

お彼岸の季節は、春分、秋分といった好時節であることから、お寺には多くの参拝客が訪れます。

一般には、ご先祖様を供養する週間として知られていますが、それだけでなく、実は宗教的な意味合いを強く含んだものでもあります。

また、お寺で行われるお彼岸のお勤めのはじまりは、今の和やかな雰囲気からは想像もつかないおどろおどろしい行事でした。

そのことも含めて、今回は、お彼岸の言葉の意味と由来について解説します。是非、じっくりとご覧ください。

彼岸という言葉の意味

お彼岸の「彼岸」とは、仏教においては「悟りの世界」という意味です。

私たちが生きる「煩悩にまみれた世界」である此岸(しがん)に対比する言葉となり、仏教は修行を通して此岸から彼岸に渡るための教えといえます。

そのことを如実に表したのが、手習い歌で知られる『いろは歌』です。

色はにほへど 散りねるを (いろはにほへと ちりぬるを)

我が世たれぞ 常ならむ  (わかよたれそ つねならむ)

有為の奥山 今日越えて  (うゐのおくやま けふこえて)

浅き夢見じ 酔ひもせず  (あさきゆめみし ゑひもせす)

【大意】

「諸行は無常であり、変わらないものなどどこにもない。原因と条件によって作られた煩悩にまみれた世界を乗り越えて、悟りの世界に至りたい。」

いろは歌

世の中に、移り変わらないものなどありませんが、私たちは「いつまでも変わらないでほしい」と願い、執着します。しかし、現実には、そのような願いは叶うことはありませんので、私たちは自らの願いと現実の乖離に苦しみを生じることになります。

この苦しみは、無常なものを常と見て、自分を中心に周っていない世界を思い通りにしようとするというように、煩悩をもとにします。

そのようなものを乗り越えて、悟りに至らんとするのが、いろは歌の本意であり、それは此岸から彼岸へという仏教の流れを示します。

彼岸会の由来は怨霊を鎮魂するためであった?

夕焼けに浄土を重ねる日想観

お彼岸の習慣の由来については、日本古来の太陽崇拝と仏教が習合したという説などがありますが、お彼岸にお勤めが行われた一番古い記録は、平安初期の806年に桓武天皇の発願により、国分寺の僧らが『金剛般若経』を読誦したものになります。

また、春分と秋分に行われた「日想観(にっそうかん)」という観想法との関わりも指摘されています。

早良親王の怨霊を鎮魂する

時の天皇であった桓武天皇には、早良親王という弟がおり、早良親王は次期天皇の立場にありました。

しかし、当時、平城京で絶大な勢力を誇った南都仏教を政治から切り離したかった桓武天皇は、南都仏教の代表格であった東大寺の中枢にいた早良親王と政策が一致せず、二人の間には次第にすきま風が生じます。

そんな中で起ったのが、平城京から長岡京への遷都を指揮した藤原種継の暗殺事件です。早良親王はこの一件に加わったと嫌疑をかけられ、乙訓寺に幽閉されてしまいます。

潔白を訴える早良親王は、抗議の意味を込めて絶食するも受け入れられず、淡路国への配流される途中に憤死します。それ以後、桓武天皇の身の回りでは不幸が相次ぎ、都である長岡京でも餓死や洪水などの天災が相次ぎ、巷では早良親王の怨霊による仕業と専らの噂でした。

そこで、行われたのが春分秋分を中心とする七日間に『金剛般若経』の読誦です。これ以後、公家や武士の間で彼岸の時期に追善供養を行うことが盛んになり、今日のお彼岸につながります。

日想観とは

浄土宗や浄土真宗において、所依の経典となる『浄土三部経』の一つ『観無量寿経』に記される観想法です。

シルクロードの中央アジアにおいて、盛んであったもので、太陽が西の空に沈んでいく様子を観察し、極楽浄土が西方にあることを想いうかべる修行となります。

日本の浄土教に絶大な影響を与えた善導によれば、春分と秋分の日は、太陽が真西に沈むので、西方浄土を観想する日想観に適した時といい、極楽浄土を願う人々によって盛んに行われ、広まっていきました。

鎌倉・室町期の公家や武士は、日想観の他にも、説法の聴聞や持戒などお彼岸の時期には、彼岸の原義の通り、仏道修行を実践していたことが史料に記されます。

さいごに

さいごに、お彼岸の特徴をよく表した俳句をご紹介します。

けふ(今日)彼岸 菩提の種も 蒔日(まくひ)かな

馬場存義

この句は、江戸中期の俳人、馬場存義のもので、松尾芭蕉のお墓参りにおいて詠まれたものです。

菩提の種とは、「悟りに至るための糧」という意味であり、仏道修行を指しています。お彼岸のお墓参りで詠まれたことからも分かるように、お彼岸には「故人を弔う」とともに、「仏道修行」するものという認識があったことが窺えます。

この句が示すように、お彼岸の時節には、ご先祖様を供養することはもちろんのこと、自らも善行をなして浄らかな生活をおくるように心がけてください。

【参考】

  • 『正法輪 第72巻』妙心寺派宗務本所
  • 『岩波仏教辞典 第二版』