雲龍図

雲龍図・花図

水墨画家の安藤美香(実香)氏が三年以上の歳月をかけて描き上げた雲龍図と八十枚の花画です。雲龍図には、杉板(長さ3m×幅42㎝)七枚を組み上げて一枚の描画板とし、描かれています。また、格天井の花画は、27種(木蓮・百合・芍薬・牡丹・カラー・水仙・梅・東洋蘭・山茶花・椿・紫陽花・泰山木・芙蓉・蓮・雛芥子・ハイビスカス・菊・桔梗・向日葵・桜・菖蒲・睡蓮・石楠花・大山蓮華・朝顔・藤・南天)計80枚それぞれ下絵から丁寧に一枚一枚描かれた無二の作品となっています。

安藤美香

安藤美香(実香)

Mika Andou

  • 1980年 長野県に生まれる
  • 1999年 岡谷南高等学校 卒業
  • 1999年 北京語言文化大学 漢語科 入学
  • 2000年 北京語言文化大学 漢語科 修了
  • 2001年 北京語言文化大学人文学院 芸術科 中国画科 修了
  • 2005年 中央美術学院 中国画系花鳥画班 本科卒業
  • 2010年 中央美術学院 中国画系花鳥画班 碩土研究生 卒業   
  •  中国芸術研究院 美術系 中国画学科 博士研究院 入学             
  •   中国の『人間国宝』韓美林氏に師事
  • 2013年 中国芸術研究院 美術系 中国画学科 博士研究院 卒業       日本人で初めての水墨画での博士号を取得 
  • [ 受賞 ]『第20回信毎撰賞』受賞