小値賀|歴史|平戸藩

 

由緒

 

歴史の息吹を感じる平戸藩松浦家ゆかりの地

歴史の息吹を感じる平戸藩松浦家ゆかりの地
 
境内
 長寿寺は現存する小値賀町内の寺院では二番目に古い歴史ある禅寺です。旧平戸藩松浦家十六代当主松浦勝公によって創建されたと伝わります。それがゆえ、古くは島民より「殿様寺」と呼ばれ、尊崇を集めました。平戸藩庇護の下に発展し、第三代藩主(平戸松浦家二十五代)隆信公以降、歴代各藩主より知行地として寺領を加増されていき、江戸時代後期には広大な寺領を誇りました。また江戸期には十余年間、江戸期の臨済宗を代表する名僧、盤珪永琢禅師が住持を務めた事もあり、頂相、墨蹟などゆかりの書物が数点残されています。近世では明治三十二年までは月観長老禅師や乾崖禅師などの高僧、いわゆる師家が住持を務めました。
 創建以前にはこの地に松浦家の拠点となる屋敷があったと考えられており、近年の調査では当山を中心に古い周溝が確認され、小値賀町前方郷を中心に三万坪余りの敷地があった事が判明しています。当主親子が父と息子で平戸と小値賀に交互に移り住んでいたという説や南北朝時代に隣国から逃れるための疎開先として平戸松浦家数代に渡り、この地を拠点にしていたという説もあります。いずれにせよ、勝公の平戸帰還を機に当山が創建されたと考えられ、創建の正確な年日は不明ですが、応永年間(1394年~)の古記録に当山の名が残され、存在が確認されます。
 

平戸藩交易の拠点として発展した歴史

平戸藩交易の拠点として発展した歴史
 
平戸松浦家ゆかりのお堂
 長壽寺のある小値賀島は平戸松浦家にとって貿易の要所として役割を持った歴史があります。その中において長壽寺は寄港地前方湾に近く、当時の小値賀島の中心であった前方地区の好立地に位置していた事などから貿易の拠点として重要な役割を果たしていたと考えられています。往時の遺品であるタイ焼締四耳壺など歴史を感じさせる遺物が今も保管されています。
 平戸松浦家第二十一代松浦義公は歴史の教科書でもおなじみの室町幕府将軍足利義教と個人的に親しく、守護大名でないと許されなかった勘合符(明との貿易許可を得る事で勘合貿易という。)を特別な取り計らいで得て、勘合貿易を開始します。室町幕府において臨済宗は政治面・文化面で重宝され官宗となっており京都の臨済宗寺院は勘合貿易の事務を執り行っていました。臨済宗寺院である長壽寺に義公が直筆の署名花押入りの法華経を長壽寺に寄進された事(※詳しくは後述)は政治的な意味も含まれているのかもしれません。
 
 

平戸藩ゆかりの寺宝

平戸藩ゆかりの寺宝
 
松浦棟
 境内には平戸松浦家三代に渡る霊廟・巡拝塔があり、いずれも松浦家当主から寄進された松浦家主君守護本尊が鎮座する「大應庵」(町指定文化財)や古今東西に珍しき「一竿鳥居」(町指定文化財)など歴史ある建造物が建立されています。
 歴代当主より様々な寄進があった中でも、室町幕府将軍足利義教公と懇意で勘合符を得て莫大な富を築き戦国大名となられた第二十一代当主義公ご寄進の直筆署名花押入りの法華経七軸、外様大名初となる幕府の要職である寺社奉行を務められた第五代藩主棟公ご寄進の肖像画、書家としても名を馳せた第十代藩主熈公ご揮毫の山号額は現在も本堂にてご覧頂く事が出来ます。特に棟公の肖像画には松浦家と当山の関係を示す後世の証とするよう賛が添えられており、格別の宝物として丁重に崇められてきました。
<<臨済宗妙心寺派 長壽寺>> 〒857-4702 長崎県北松浦郡小値賀町前方郷871 TEL:0959-56-2230 FAX:0959-56-2230